周期性嘔吐症(自家中毒)

周期性嘔吐症(自家中毒)

どんな病気?

自家中毒と聞くと、食中毒などの仲間かと思ってしまいますが、そうではありません。正式には、周期性嘔吐症またはアセトン血性嘔吐症といいます。

代謝が未熟な子どもが、何かの原因により、血中にアセトン(ケトン体)という物質が増え、腹痛や嘔吐、頭痛などを引き起こしてしまう症状です。

2歳~10歳頃の子どもに発症し、成長するに伴い代謝が上手にできるようになってくると症状が出なくなってきます。

症状は、これといった原因がないのに、急に顔面蒼白になり、腹痛や嘔吐が始まります。偏頭痛を伴うこともあります。
息や嘔吐物がりんごの腐ったような匂いになるのが特徴です。

発作がでてしまったら

症状が軽いときは、アメなどをなめさせて糖分を補います。嘔吐がある場合は、脱水症状にならないようにスポーツドリンクなどの水分を少しずつ与えます

嘔吐が激しく、水分も受け付けないときは、病院へ行きましょう。注射や点滴をしてもらうと急に元気になることがあります。

吐き気が治まったら、ゆっくりと休ませましょう。

脂肪分はケトン体を増やすので、数日間は脂肪分の多い食事は控えたほうが良いようです。

周期性嘔吐症の原因は?

周期性嘔吐症の原因は、はっきり分かっていませんが、風邪などの感染症が誘因になることが多いようです。また、疲れ、空腹などの身体的ストレスや引っ越し、入園、入学などの環境の変化によるストレスなども関係があるともいわれています。

やせ形で神経質な男児に起こることが多く、精神的な病気だとか、時には、親が神経質に育てすぎだと言われたりすることもあるようですが、実は直接そういった心のストレスが原因になっていることはまれで、多くは、疲れ、ウィルス感染、空腹などの身体的なストレスに起因することがほとんどです。

夕食をとらずに寝た翌朝に起こることが多いのですが、これも、空腹という身体的ストレスによるものと考えられます。

小さい子供は、自分をコントロールすることができません。疲れきるまで遊んでしまって、食事もとらずにそのまま寝てしまうこともあります。やはり、保護者の方が、子供の体調を気をつけて見てあげる必要があります。

規則正しい生活をすること、食事をきちんととること、疲れたら休むこと。

また、吐きやすいという体質は、遺伝的なものも多いですが、消化器系が弱いということでもあります。 特に小さな子どもは、消化器系が未熟なために、ちょっとしたことで吐きやすいのです。

周期性嘔吐症の原因といわれている、代謝の乱れ、吐きやすい体質は、体のバランスを整えてあげることでかなり改善されます。



予防体操 治療風景 治療前後

子供に多い症状

痛くない整体
鈴木薬手院

■橋本本院
東京都町田市小山町4371
TEL 042-771-8118

■品川分院
東京都港区高輪3-25-27アベニュー高輪707号
TEL 03-6277-4378

■藤沢分院
神奈川県藤沢市藤沢545-72藤和シティホームズ藤沢ウィングス101号
TEL 0466-24-7220


スマートフォン用の診療日カレンダーができました

QRコード、またはこちらからアクセスしてください。
担当の先生、臨時のお休みなども掲載しています。
ぜひご利用ください。