スタッフ紹介|子どもの整体 痛くない整体 鈴木薬手院

スタッフ紹介

プロフィール

坪田和之

坪田 和之 (つぼた かずゆき)

[プロフィール]
・1966年生まれ 宮城県気仙沼市出身
・1988年長生学園入学 (あん摩マッサージ指圧師養成校)
・1990年同校卒業・あん摩マッサージ指圧師国家資格取得
・川崎市京浜総合病院理学療法室(リハビリテーション)勤務
・2004年退社
・2004年宮城県仙台市にて「つぼた健康院」開院
現在に至る 二児の父

子どもの施術にあたって

初めまして。
主にお子さんの治療を担当しています、坪田です。
現在、隔週で仙台市のつぼた健康院と東京都の鈴木薬手院で治療をしています。
少し長くなりますが治療の仕事を志すきっかけなどをお話させて頂きたいと思います。

身体が弱かった幼少期

私は宮城県気仙沼市で生まれ育ちました。幼少の頃は体が弱く、斜頸(首が傾く)と小児ぜんそくがあり、たびたび小児科のお世話になっていました。
ぜんそくの発作は夜間に起こる事が殆どで、一度発作が始まると横になって寝る事が出来ず、朝まで壁を背中にして座って眠る事もしばしばでした。
子供心にどうして自分はこんなに苦しい思いをしなければならないんだろうと思ったものです。
それから暫くの間は吸入器治療を受けるため呼吸器科に通院しました。体が丈夫になる様にと父は武道を習わせ、咳き込みが酷いと母は薬を塗布し背中を摩ってくれました。また、自営業で忙しい両親に代わり叔母がぜんそくに良いといわれる岩手県の須川温泉に連れて行ってくれたりと、家族や親戚の方が色々手を尽くしてくれました。その甲斐あって成長と共に症状は和らぎ、小学校高学年の頃にはだいぶ落ち着いて過ごせる様になりました。
この頃の自分自身のつらい経験もお子さんの治療に関わる仕事に就きたいと思うきっかけのひとつになっていると思います。

長生(ちょうせい)治療との出会い

そんな折、父に連れられ気仙沼にある「長生院(ちょうせいいん)」という治療院に行きました。
私の実家は小さな旅館を営んでいて、宿泊客のほとんどが長生院に泊まりがけで治療に来る患者さん達でした。
実家の旅館を含め5軒程、長生院の患者さんを泊める旅館がありました。
一日の患者さんの数は80人前後だったと思います。
JR鹿折唐桑(ししおりからくわ)駅という駅の近くにあったのですが、あまりにも長生院に通う乗降客が多い為、各駅しか止まらなかった駅に快速が止まる様になったそうです。

父は病弱な私を心配して一度先生に診て貰おうと思ったのでしょう、父に連れられ初めて先生の治療を受けた時は驚きでした。呼吸が楽になり咳の為張っていた背中もスーッと楽になりました。
背が伸びた様な感覚もあり不思議な気持ちになりました。細かいところまでは覚えていませんが、何か凄い事をして貰ったと思った事は覚えています。
その後たびたび治療して貰いに行く様になり、いつの間にか咳は全く出なくなりました。
子供心に自分もこんな事が出来る様になったら凄いなぁと思う様になりました。この長生院との縁が今の道に進む大きな要因になっています。

小さい患者さんたち

実家の旅館には様々な患者さんが来られました。難病、奇病、病院から見放され藁をもという想いで来られる方が沢山いました。
その中で小さなお子さんも意外に多い事に気がつきました。まだ子供なのにこの子は何処が悪いんだろう?と思う様になりました。

ある時、両親に連れられ女の子が来ました。食べると吐いてしまい、病院で様々な検査をしても何も異常が見つからず、もうやる事はないと言われたそうです。本当に藁をも掴む想いで連れて来られたのでしょう。
初回の治療が終わり旅館に戻って来ると、その子は二階に上がり寝てしまいました。夕飯の時間になっても起きてくる事はなく、次の日の朝になっても起きて来ませんでした。流石に心配になった父が先生に電話をすると、心配する事はない、そのうち起きてくるからほっときなさいという返事だったそうです。
するとその日の午後、その子は起きて来て「お腹すいた」と言ってご飯をモリモリ食べ始めたそうです。
丸一日眠っていた事になります。
その後は吐き戻す事は無く二回程治療を受けて帰りました。ご両親は大変喜び何度も感謝の言葉を述べ帰って行きました。

 



予防体操 治療風景 治療前後

子供に多い症状


仙台 つぼた健康院

鈴木薬手院

このページのトップへ