子どもの整体 痛くない整体 鈴木薬手院

当院の療法について

なぜ子供に整体なのか

整体って、大人やお年寄りが行くところ、というイメージがあるようですね。

そもそも、子供はまだ成長途中だから、歪みとかあんまり関係ないし、腰痛とか肩こりにもならないでしょ?

と思っている大人が多いですが…

全く逆なんですよ!

成長途中だからこそ、非常に歪みやすいのです。骨も筋肉も柔らかく、どんな形にも対応できる…というと聞こえが良いですが…どんな風にも歪みます。

勉強時間が長くなった本来歪みは、体を動かすことによってリセットされるのですが、最近は、子供の運動量が減り、体が歪んだままの子供が増えています。

しかし、子どもの筋肉は柔らかいので、歪みが痛みとして現れにくく、 また、本人が違和感を感じていても、それを言葉で上手に表現することができず、見過ごされてしまう場合が多いのです。

そして、歪みを温存したまま大人になると、痛みや体調不良として出てきます。
大人になってから歪んだのではなく、子どもの頃の歪みがじわじわ大きくなった結果なんですよ。

ですから、子どもの時に体を整えておくことが非常に大切なのです。

子供は歪みやすいと言いましたが、逆に言えば整えやすいわけです。
まだ未完成ですから、完成する前にしっかりと整えてあげましょう!

子供って何歳くらいまで?

子供の成長期身体の成長のピークは、男女とも、思春期が目安です。
女子は初潮、男子は声変わりが終わる頃です。
個人差がありますが、女子では10歳~15歳、男子は13歳~18歳くらいに思春期を迎えます。

骨の成長は、思春期までと言われていますから、側弯症などの骨の変形の病気は、この時期までに治療することがとても大切です。(骨の成長が止まったかどうかはレントゲンを撮るとわかります。)

一方、筋肉は、身体を適度に動かすことで柔軟性を保つことができますし、筋力アップすることができます。
当院の療法は、筋肉が元の正しい形に戻ろうとする力を促進するものなので、年齢はあまり関係ありませんし、大人も子供も同じ施術をおこないます。

しかしながら、成長期が過ぎ、歪んだままの身体が安定してしまうと、治すのが難しくなってくるのは確かです。

とにかく、歪みは早期発見早期治療が大切です!

痛くない整体です

当院の療法は、筋肉と神経を適切に優しく刺激することによって、体が元に戻ろうとする力(自己回復力)を最大に引き出していく、身体に優しい療法です。

マッサージやカイロプラクティックなどとは全く違う手法で、骨をポキポキと動かしたりしないので、痛みもほとんどありません。

施術時間も20分くらいと短いので、お子さんも嫌がらずに受けていただけます。

施術風景

全身を整えます

当院の特徴は、どんな症状でも全身を整える、という事です。

たとえば、膝が痛い場合、膝を治療するのではなく、膝に負担をかけている原因は何かを見極めて、全身のバランスを整えていきます。

骨や筋肉は、全身つながって連動して動いていますから、体のどこか一部分に不調が出ると、バランスが崩れて上手に動けなくなります。

二本足で生活している私たちは、常に全身でバランスをとっているため、身体の一部分のちょっとした不調でも全身に大きく影響するのです。

ですから、膝が痛い原因は膝ではない場合がほとんどです。体のバランスの崩れが、膝へ負担をかけているのです。

 

身体のバランス施術は、主に、動かしやすい(歪みやすい)手足を整えてあげることによって、体の中心(背骨・骨盤)までを連動して整えていきます。
やじろべえを思い浮かべていいただくとわかりやすいと思います。左右のバランスが整っていないと、中心が傾いてしまいますよね?
全身を整えるためには、末端(手足)を整えることが大変重要なのです。

ご一緒にどうぞ

当院では、施術の前と後に写真を撮って、体の変化をご説明しています。

また、施術の際も、体のバランスチェックを行いながら施術していくので、是非見学していてください。
特に、初診の時は一番体の変化がわかりやすいのでご覧ください。

大人の施術も行っていますので、親子で受けていただくのもおススメです。
どんな治療を行っているのかも分かりますし、親御さんも一緒に受けることでお子さんも安心します。
ぜひご一緒に施術を受けて、親子で健康な身体を目指しましょう!

治療前・治療後

予防体操をご指導します

ある程度体が整って来たら、歪みの予防体操をご指導します。

身体は正しい形を覚えていますから、身体が偏ってしまったとき、適切に体を動かすと元に戻ります。

身体の状態や身体の歪み方によって、体操の種類や左右の順番が違いますから、必ず指導を受けてから行ってください。



予防体操 治療風景 治療前後

子供に多い症状


仙台 つぼた健康院

鈴木薬手院

このページのトップへ